気が向いたら更新してる。毎日書いてる人はすごいな・・・
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
2010-08-19 Thu 22:22
少しだけ話をさせてください。

楽園と呼ばれる場所にわたしはいました。
【知恵の実】。
それがわたしの最初の名前でした。
わたしは誰かに食べてもらいたかった。鳥でも、虫でも、わたしを味わって欲しかった。
だけど、わたしを作った主はそれを許してくれませんでした。
箱庭に閉じ込められているわたしを助けてくれたのは一匹の蛇でした。
蛇は呼び止めた女性にわたしの素晴らしさを説いていました。少し恥ずかしかったけど嬉しかった。
女性はわたしを手に取り、口にしました。
最初は驚いた顔をしていましたが、次第に笑顔になり夢中でわたしを食べました。

すぐに、女性は楽園から姿を消しました。
主はわたしを口にしたせいだと言い、蛇は人が愚かなせいだと言いました。
わたしが美味しくなかったから?わたしなんて見たくなくて姿を消したの?もっと甘ければいいの?もっと紅ければいいの?もっと・・・もっと・・・

もう一度あの女性に食べてもらいたい。そう願いながら長い月日が流れました。
楽園は姿を変え、人が増え、家が建ち、わたしはまた実を付け【リンゴ】と呼ばれるようになりました。
あの女性はまだ現れないけど、待っていれば会えると信じていました。

ある日わたしを手にしたのは黒いフードをかぶった老婆でした。
老婆は森に入り、そこにいた女性にわたしを勧めました。女性は楽園のあの人のように美しい方でした。
わたしを受け取り美味しそうと言ってくれました。

わたしはこの人に食べてもらえるんだ。心の底から嬉しかった。
その時、老婆が蛇に見えました。古い記憶がよみがえり心がざわめきました。
「あの時とは違う」と自分に言い聞かせ、嫌な予感をぬぐいました。

でも、予感は現実となったのです―
最後に見たのは、わたしを口にした女性が倒れ、その周りを7人の小人が心配そうに見守る姿でした。

今、木漏れ日も当たらない木陰で、少しづつ土に返るわたしは夢を見ています。

上手に調理されて、
美味しく食べてもらえて、
食べた人の笑顔が見られたら
それはとても素敵なこと―

紅く輝いていた頃のわたしの夢。
ささやかで、とても幸せで。

何がわたしを変えたのか。
泥にまみれてしまった。醜く汚れてしまった。
鳥も、虫も、人も。もうわたしに見向きをもしない。
わたしに笑顔を向けてくれる人はいなくなりました。
それならば最後に何かを願いたい。
わたしのせいで倒れてしまった女性に何か。

そうね。

「いつか素敵な王子様とともに・・・・・・」
別窓 | お伽話
| 朝から晩御飯 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。